カリキュラム


筆記試験問題

喀痰吸引等研修のカリキュラムについて

喀痰吸引等研修には、決められたカリキュラムが存在し、それに沿って研修は進んでいきます。

全てが終了した時こそが、喀痰吸引を行う者として認められた時であり、新たに得た喀痰吸引のスキルでの活躍が始まる瞬間なのです。

内容はどこの組織・企業でも大体同じで、特に大きな違いなどはありませんが細かくて小さな違いなら幾つか存在しています。

ではこれから、一体どんな内容でこの研修は進んでいるのかについて、詳しく説明しましょう。

カリキュラムの具体的な内容

この研修で最初にやる事は、介護の仕事全般で必要になる「知識」と「心構え」を学ぶ事です。

喀痰吸引は立派な介護行為の一つであり、そして介護とは人との繋がりも大切になってくるとても大事な仕事です。

その為、喀痰吸引の研修でも他の介護行為の研修でも共通して「介護」の事についてしっかり学ぶ事になります。

この過程が済んだら次はいよいよ喀痰吸引の事について本格的に学んでいき、この過程の中で喀痰吸引のやり方や使う器具の事について知識を得ていくのです。

そしてその後は実際に喀痰吸引を行うという形で実践的な訓練をこなしていき、最後に総まとめとして実際の現場で勉強した事をフル活用しながら一通りの事をやっていきます。

これらの行為が、喀痰吸引の研修の主な進め方であり、全部こなす事ができれば介護の現場で出来る事が増えさらに活躍の場が広がる事でしょう。

研修の様々な要素によって発生する研修の独自性について

喀痰吸引の研修の内容は、様々な要素によって微妙に違いが出てきていて、その違いがそれぞれの研修の独自性を生み出しています。

例えば実践的な訓練の時間が少なめだったり多めだったりとか、研修のやり方が色々違っていたりとかが独自性に繋がっているのです。

そしてその独自性は、上手くいけば受講者一人一人の発展に繋がる道標になってくれる事でしょう。

皆さんもぜひ、素敵な独自性を持ったカリキュラムで構成された喀痰吸引等研修を見つけ出し、実際に受講してみてください。

ランキング

ほっと倶楽部

  • 福祉専門
  • 就職・転職に強い
  • お得な割引制度
  • 働きながら資格取得

ほっと倶楽部は福祉専門の人材を取り扱っているニッソーネットが運営している介護資格の講座プログラムです。

2004年の開講以来、15,000人の修了生を輩出!これから介護や福祉の道に進もうとしている人達は、介護の資格を取得した後の就職支援も全力でサポートしてくれるのが実際の講座体験者の方の喜びの声として多いのが特徴です。

目的別に講座セミナーを選択することができ、場所も駅からすぐなので仕事終わりなどの余裕のある時間でスキルアップに努めれますよ!

どのようなカリキュラムなのか詳しく知りたい方は、無料のパンフレットを取り寄せましょう!

ほっと倶楽部について詳しく見る≫≫≫

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!

介護資格ナビ

介護資格ナビでは気になる資格の資料がまとめて請求でき、全国3万件以上の介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。


このページのトップへ