筆記試験問題


筆記試験問題

世の中の学び事には必ず筆記試験問題がある

世の中のあらゆる学び事の場面で、定期的に必ず学ぶ者の前に立ちふさがるものが「筆記試験」です。

喀痰吸引等研修も例外なく、訓練施設で定期的にそれまでに学んだ事の再確認も兼ねて筆記試験がよく実施されます。

ここである基準以上の結果を出さないと、場合によっては途中で研修の受講を辞める事になってしまう可能性がある程、とても重要なイベントなのです。

問題を出してくる側も、手加減なしで適正を見極めてくる為、プレッシャーもかなり大きくなりますが、乗り越えれば確実に一歩前へ進めます。

筆記試験問題の鉄則

筆記試験を乗り越える為には、これまでに学んだ事の復習と試験問題のある程度の予測をしておく事が何よりも重要です。

そこで、筆記試験で出される問題の鉄則について、これから説明していこうと思います。

まず試験の問題は、出す側にも一定のルールが定められており、必ず普段の授業で使われている教材から問題を出す決まりがあります。

そして、試験が行われる少し前に「この教材のこの辺りから出される」というような事を講師の人が言う事もあるでしょう。

つまり、これらの要素から試験で出る問題を予測して、そのあたりの学んだ事は全て復習しておく事が、筆記試験を乗り越える為の重要なポイントなのです。

そしてこの鉄則は、喀痰吸引等研修でもその他の研修でもまったく変わらず、この鉄則を守ってしっかりと対策を積めば、必ず乗り越える事ができます。

出される問題の傾向

喀痰吸引等研修での筆記試験の問題は、まず心構えの部分の問題から始まり、次に医療に関するルールの問題があり、その次に喀痰吸引の事や万一の時の対処法についての問題があり…というような傾向で出されます。

痰の吸引に使う器具や技術、吸引を行う時の注意点など、実に様々な問題が出題されるようになっています。

詳しい内容は試験が実施される毎に違ってきますが、大抵は同じような問題が出される為対処を怠らなければ必ず結果が出せる事でしょう。

喀痰吸引等研修を受けるなら

肝心の喀痰吸引等研修は、どこで受けられるのでしょうか。

当サイトがおすすめしている「ほっと倶楽部」では、関西エリアと関東エリア、九州エリアで喀痰吸引等研修の講座を受講可能です。
実地研修先紹介ありのコースも用意されています。

喀痰吸引等研修の種類は以下の通りです。

対象となる人 内容
第1号研修 不特定の方に行うことができます 喀痰吸引(口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部)、経管栄養(胃ろうまたは腸ろう・経鼻)の5行為すべてを行います
第2号研修 上記5行為のうち、1~4行為を選択して行います
第3号研修 特定の方にのみ、行うことができます 特定の方に対する必要な行為を行います

期間限定で割引キャンペーンも行っていて、喀痰吸引等研修が数万円単位で安くなることがあるのも魅力の一つです。

ランキング

ほっと倶楽部

  • 福祉専門
  • 就職・転職に強い
  • お得な割引制度
  • 働きながら資格取得

ほっと倶楽部は福祉専門の人材を取り扱っているニッソーネットが運営している介護資格の講座プログラムです。

2004年の開講以来、15,000人の修了生を輩出!これから介護や福祉の道に進もうとしている人達は、介護の資格を取得した後の就職支援も全力でサポートしてくれるのが実際の講座体験者の方の喜びの声として多いのが特徴です。

目的別に講座セミナーを選択することができ、場所も駅からすぐなので仕事終わりなどの余裕のある時間でスキルアップに努めれますよ!

どのようなカリキュラムなのか詳しく知りたい方は、無料のパンフレットを取り寄せましょう!

ほっと倶楽部について詳しく見る≫≫≫

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!

介護資格ナビ

介護資格ナビでは気になる資格の資料がまとめて請求でき、全国3万件以上の介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。


このページのトップへ